グリセリンフリーで毛穴が改善?グリセリンフリーについて紹介

毛穴に悩む人なら一度は耳にしたことがあるかもしれない「グリセリンフリー」

ご存知の方も多いかもしれませんが、一言でいうと「グリセリンという保湿成分が入っていない化粧品を使う美容法」です。

グリセリンが入っていないアイテムを使うことで、毛穴が目立ちにくくなる可能性があり、毛穴の目立ちに悩む人にとって今人気の美容法となっています。

今回の記事は毛穴の目立ちが気になる人や、スキンケアで毛穴ケアしたい人にオススメのグリセリンフリーについて解説しています。

また、グリセリンフリーにおすすめの商品も紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

グリセリンフリーとは

ぎもんな人

そもそもグリセリンフリーってなに?

なやむ人

毛穴に悩む人になぜいいの?

こんな疑問にお答えします!

グリセリンフリーとは、その名の通りグリセリンが入っていないということです。

グリセリンとは

グリセリンという成分は、保湿力が高く刺激性も少ないので敏感肌の人でも使いやすい優れた成分。

グリセリンはどんなスキンケアにも高確率で入っているほどポピュラー。

しかしその一方で、グリセリンがアクネ菌のエサになってしまうといった研究結果があり、ニキビができやすい肌質の人には不向きといえます。

また、確実なエビデンスはないものの、グリセリンが毛穴の黒ずみを見えやすく目立たせてしまっているのではないかともいわれています。

実際に私も洗顔後の肌は比較的黒ずみがマシに見えるのに、化粧水、乳液とスキンケアを重ねていくごとにどんどん毛穴が目立ってきてしまうという実感がありました。

もちろん毛穴が目立つことが一概にグリセリンのせい!とは言い切れませんが、一つの可能性としてあるよねということ。

だから一度グリセリンが入っていないアイテムを取り入れようじゃないか。

というのがグリセリンフリーという美容法になります。

化粧水や乳液などのスキンケアアイテムだけをグリセリンフリーにすることもあれば、日焼け止めなどの化粧下地、ファンデーションもグリセリンフリーにする方法もあります。

グリセリンフリーは乾燥する?使用感は?

グリセリンフリーを始めると乾燥するという意見があります。

グリセリンは優れた保湿成分なのでそれが配合されていないと、しっとり感や使用感に物足りなさを感じてしまうことも。

対策としては、2つあります。

対策その①

全くグリセリンが含まれていないアイテムではなく、成分表の下の方にグリセリンと書いてある濃度の濃くないアイテムを使う。

グリセリンが入っているアイテムだとしても、成分表の下の方であればそれほど濃度が濃くないといわれています。

化粧品に含まれている主な成分は成分表記の5つぐらいまでと考えられているので、それ以下の成分にはそこまで神経質になる必要はありません。

乾燥肌の方や保湿力が欲しい方は、グリセリン濃度の高くないものを選んでみると良いでしょう。

対策その②

グリセリンフリーはTゾーンなどの皮脂の分泌が活発なところだけにして、Uゾーンなどの乾燥が気になる部分にはグリセリンが含まれている化粧品を使う。

顔の中でも皮脂の分泌量が違うので、全顔で同じアイテムを使うのではなく、自分の肌状態に合わせて使い分けるとストレスなく使い続けやすいと思います。

また、使用感についてもグリセリンリッチな化粧品はトロッとしていたりするのでそういったテクスチャーに慣れているとグリセリンフリーのものでは物足りなく感じるかもしれません。

適宜、美容液などをプラスしてケアしていくといいでしょう。

グリセリンフリーの実感

では、グリセリンフリーで本当に毛穴の目立ちにくい肌が実現するのか?ですが、自分が試してみた結果は、NOでした。

残念ながら、私は毛穴が目立ちにくくなったという実感は持てませんでした。

グリセリンフリーで明らかに角栓が減った、黒ずみが目立ちにくくなったといった意見もありますが、そこまで劇的な変化を感じることはできず…。

私の場合はかなり毛穴悩みが深く、黒ずみも気になりますが、それに加えて凹凸や毛穴の開きもあるので、変化を感じ取りにくかったかもしれません。

もう少し軽度な毛穴悩みの方が実感しやすいのかなと思います。

グリセリンフリーにおすすめのアイテム

グリセリンフリーをするにあたっておすすめなのが、松山油脂のアミノ酸浸透水とアミノ酸保湿ローションです。

Mマーク(M-mark) アミノ酸浸透水 化粧水 200mL Mマーク(M-mark) アミノ酸保湿ローション クリーム 150mL

化粧水だけグリセリンフリーというアイテムは結構あるものの、乳液までフリーでライン使いできるものは珍しいです。

配合成分もシンプルで、年齢・性別問わず使いやすい上に、価格も手頃で試しやすいのもGOOD!

とりあえずグリセリンフリーを始めてみたい!という方は松山油脂で化粧水と乳液を揃えるのがおすすめです。

松山油脂の化粧水と乳液を実際に使ってみた感想はこちら

まとめ

毛穴の悩みは奥深く、これだけしたらOK!というものでもないし、完全に解決することが難しいのも事実です。

しかし、グリセリンフリーなら日々のスキンケアアイテムを変えるだけで取り組めるのでお手軽に試せます。

グリセリンフリーのアイテムを使って、お肌の調子を整えていきましょう!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

thirteen − twelve =

目次
閉じる